マイホームの照明選びのポイント

新築のマイホームにおいて照明選びは欠かせないものです。
照明によってマイホームの雰囲気はガラリと変わってきます。

将来のメンテナンスやランニングコストなども考えて、慎重に選びたいものです。

ランニングコストまで考慮すれば、蛍光灯のほうが白熱灯よりもコストを抑えることができます。
蛍光灯の特徴は、白熱灯と同じ明るさが少ない消費電力で得られるところにあります。

数多くある蛍光灯の中でも、一番安くて一般的なものは直管タイプのものです。
蛍光灯を用いてインテリア性を高めたいということであれば、シンプルなダウンライトに丸い蛍光灯を取り付けるのはどうでしょうか。

器具自体も比較的安価で、照明内部にホコリがたまらないので掃除も簡単に済ますことが可能です。
少々値段は張りますが、電球色の蛍光灯もありますので、光の色にこだわりがあればそちらを選んでもいいかもしれません。

スポットライトにハロゲンライトを使用するケースがあります。
ハロゲンライトは機器の価格が高く、ランニングコストとしての電気代も高くつきます。

このようなライトを用いたいのであれば、場所を限定してコストバランスを保つことが重要であると思います。
デザインにこだわった照明器具も、当然のことのようにコストアップに直結します。

リビングやダイニングに限って照明器具にこだわり、寝室などはシンプルなものにするなど、マイホーム全体のバランスを考えて照明器具を選びたいものです。

マイホームの軒について

最近のマイホームのデザインでは、軒(のき)を出さないタイプが多くみられます。
日本は雨が多く、特に夏は高温多湿となります。

そのため、軒やひさしを出しておかないと屋根と壁の継ぎ目から雨漏りをする可能性があります。
加えて雨の影響で外壁が早く傷んでしまったり、汚れが目立ったりします。

直射日光も当たるため、結果的に外壁の変色も進んでしまう可能性もあります。
このようなことが実際に起これば、雨漏りの修理や外壁のメンテナンスに多くの費用が必要となってきます。

軒を出しておけば、雨の日であっても窓を開けて換気をすることが可能です。
軒やひさしのおかげで雨が部屋に中に入りこむこともありません。

夏の暑い時期に雨が降れば、当然家の中は蒸し暑くなりますので、窓を開けるかエアコンを動かさなくてはなりません。

雨が降っても窓を開けて自然換気ができれば、エアコンなどを動かさずにすみますので、光熱費も抑えることができるのです。
ただし、風を伴う激しい雨では無理ですが。

若い世代では現代的なデザインのマイホームを好む傾向にあり、軒やひさしを出さないことが多くなりました。
しかし、日本の気候を考えたときには軒やひさしは不可欠なものであると思います。

日本に古くからある様式では軒やひさしは必ず張り出しています。
軒やひさしは外壁を保護する役割も担っています。

軒やひさしを出すことがマイホームの耐久性も高めて、ランニングコストを抑えることにつながっていくのです。

マイホームのランニングコスト

近年建築されるマイホームの多くは気密性に優れた構造となっています。
そのため、風の通りや光の採り方に配慮した窓の配置にするとともに、サッシをペアサッシにすれば、冷暖房の効きは良くなります。

冷暖房についてのランニングコストを下げるためには、冷暖房の効きを良くすることにつきますが、大きな窓や広い吹き抜けなどを設置すると冷暖房の効きは悪くなります。

マイホームのデザイン優先で大きな窓をとったり、吹き抜けを設置したりする時には注意が必要です。
マイホーム建築時のイニシャルコストを下げたいのであれば、エアコンなどは新居完成後にディスカウントショップで購入すればいいでしょう。

光熱費のランニングコストを下げるために、太陽の光を利用するソーラーシステムなどを設置するのもいいでしょう。
ただし、ソーラーシステムには初期投資として200万円ほどかかる場合もありますので、よく検討する必要があります。
ソーラーシステムで得られた電力を電力会社に買い取ってもらう制度もあるようです。

オール電化住宅も光熱費のランニングコストを下げる方法のひとつです。
イニシャルコストは30万円ほど高くなりますが、オール電化住宅にすることによって深夜電力を有効に活用することができます。

お風呂だけはガス方式を採用するなど、中途半端なことをすると効果は期待できません。
お風呂や台所のコンロはもちろん、冷暖房設備なども電気方式で統一することが大切であるようです。

マイホームの床暖房

マイホームの暖房設備として床暖房を選択する人が増えています。

灯油を使用したストーブなどは、長時間連続して使用したい場合、空気の入れ替えが必要です。
エアコンを使用した場合は空気が乾燥するため、スチームなどを同時に運転する必要があります。

床暖房では空気の入れ替えは必要ありませんし、空気も乾燥することはないのです。
床暖房では足元から暖まるので「頭がボーッ」とすることもありません。

小さな子供がいる家庭では、ストーブを倒して「やけど」をする心配もありますが、床暖房ではその心配事からも解放されます。

床暖房ではスイッチを入れてからすぐに暖房効果が現れるわけではないので、その点はデメリットになってきます。
タイマー設備を有効利用することで、その問題はいくらか解消されるかもしれませんが。

このような理由からマイホーム新築時に床暖房を採用するひとが増えているのです。
少々高価ではありますが、検討のテーブルに乗せてみてはどうでしょうか。

マイホーム完成後に床暖房を設置するとなると、大変な費用が必要となります。
新築時の倍くらいの費用がかかると言われていますので、床暖房が欲しいのであれば、新築時に設置しておきましょう。

マイホーム建築時は沢山の費用が必要になりますので、あとづけでも費用が変わらないものは後からにしても構わないと思います。

あとづけで費用が割高になるものは、あきらめずに思い切って採用してみてはどうでしょうか。

マイホームの換気

マイホームの中には目に見えませんが、さまざまな汚れた空気があります。
台所では調理が行われ、お風呂のお湯からは水蒸気が立ち上ります。

インテリア用品や内装材からは、化学物質が出ている可能性もあります。
最近のマイホームは気密性に優れているため、換気をしないとこれらの汚れた空気が室内にこもってしまいます。

室内に人が沢山いれば、空気中の二酸化炭素濃度は上がっていくことでしょう。
空気を入れ替えない限り、人の健康や建物に悪影響を与えてしまいます。

空気は目に見えないものであるため、なかなか実感が湧いてきませんが、マイホームづくりには換気対策も重要なポイントになってきます。

換気には換気扇などを利用した「強制換気」と窓を利用した「自然換気」の2種類があります。
お風呂や洗面所、キッチンなどには強制換気設備である換気扇が必要になってきます。

寝室やリビングなどはできるだけ自然換気ができるような窓の配置を考えてみてはどうでしょうか。
自然換気が効率よく行われると、換気や冷暖房にかかるエネルギーを減らすことができ、環境への負荷を減らすことができます。

エアコンなどの人工の風よりも、自然の風のほうが健康には良さそうです。
また、さわやかな自然の風には気分をリフレッシュしてくれる効果もあるはずです。

せっかく作るマイホームですから、健康的なものにしたいはずです。
健康的なマイホームをつくるためには、自然換気への配慮も必要であると思います。

マイホームにおける窓のプランニング

マイホームのプランニングにおいて、窓のプランニングは欠かせません。
マイホームにおける窓の位置を考える時、風の入り口となる窓だけでなく、風が出ていく出口用の窓も設置することが大切です。

大きな窓を設置したとしても、1箇所だけであれば風が通り抜けることができないため、換気は十分に行えません。

効率よく換気をしたいのであれば、窓の対面にもう1つの窓を設置するのが理想です。
間取りの関係でなかなか難しいかもしれませんが、部屋の3面に窓を確保できれば、風向きに関係なく換気が可能となります。

寝室や子供部屋、書斎などは間取りの関係から窓は1つである、ということが多いようです。
このような場合、換気を効率よく行うために入り口の扉にスリットをつけたり、扉の上部に開閉できる欄間をつけたり、という方法もあります。

壁を隔てたところが廊下であれば、廊下側に室内窓を設置するという方法もあります。

吹き抜けのリビングがあれば、吹き抜け上部に熱気排出用として開閉式の窓を設置するといいでしょう。
工夫ひとつで空気の流れは大きく変わっていくようです。

洗面所やお風呂の脱衣場などは換気扇とともに効率よく換気できる窓を設置しましょう。

効率よく換気ができれば、カビの発生なども抑えることができ、清潔な状態を保つことが可能です。
湿気がたまりやすい洗面所のコーナーには、ルーバー窓などをつけてもいいかもしれません。

密閉した空間で換気扇を稼動しても効率よく換気できませんので、少しだけ工夫してみましょう。

マイホームの窓を考える

マイホームの中には効率よく光を採り込みたいものです。
大きな窓を設置すれば採光量は増えますが、壁の面積が減ってしまうためにマイホームの強度を低下させてしまう危険があります。

プライバシーの問題やマイホームの構造なども考えながら、窓の位置と大きさを決めなくてはいけません。
窓の特徴として、壁の上部にあればあるほどより多くの光を室内に採りこむことが可能です。

そして横長の窓よりも縦長の窓のほうが、部屋の奥まで光が差し込みます。

隣家との距離が近い場合、隣家の窓に自家の窓がこないように位置をずらすことも大切です。
道路に面した部屋では、通行人からの目も気になります。

このような場合には、ハイサイドライトやローサイドライトとすることにより、プライバシーを保つことが可能になります。

ハイサイドライトとは天井の近くにつける窓で、通常の位置ではプライバシーが保てない場合などに採用されます。

太陽の光を天井や壁に反射させて間接的に採りいれるため、柔らかい光が得られます。
開閉式のハイサイドライトを採用すれば、部屋の上部にたまった熱気を排出することも可能です。

ローサイドライトは床近くにつける窓で、直射日光を遮りながら風を採り込むことが可能となります。
目線の低い和室に適しているといわれています。

トップライトは天井につける窓のことを指します。
トップライトは同じ面積であればサイドライトの3倍の明るさを採り込めます。
玄関や階段などに採用されることが多いようです。

マイホームの断熱サッシ

マイホームにおけるサッシに断熱サッシが採用されることが多くなってきました。
従来のタイプはアルミサッシと単体のガラスを組み合わせたものでした。

このような従来のタイプですと外気温が室内に伝わりやすくなるため、冷暖房の効率が悪くなるだけでなく、特に冬季においては窓の内部に結露を生じるという問題がありました。

室内の空気がサッシ部分で冷やされて結露してしまうのです。

断熱サッシとはどのようなものでしょうか。
断熱サッシとは熱を伝わりにくくしたサッシと複層ガラスを組み合わせたものです。

サッシには熱伝導率の低い特殊構造のアルミサッシや樹脂製サッシ、木製サッシなどがあります。
複層ガラスには保温性に優れた特殊な金属膜をコーキングしたものなど、さまざまなタイプが提供されています。
マイホームを建てる場所の気候にあわせて、断熱サッシを選んでみてはどうでしょうか。

断熱サッシは断熱性を備えているだけでなく、気密性も高いものとなっています。
さらに複層ガラスを採用していることから一般的に遮音性にも優れています。

道路に面している部屋などに採用してもいいかもしれません。
静かな住宅地の中でピアノやオーディオを楽しみたい人にもお勧めです。

新築のマイホームにおいては断熱サッシが標準で装備されていることもあります。

オプションで取り付ける場合でも、少々値段がアップしますが、冷暖房のランニングコストを考えると断熱サッシは有利であると思います。

マイホームの防犯対策

マイホームのプランニングをする場合、防犯対策についても考えなくてはなりません。
空き巣が多発しているため、マイホームを新築するのであれば、被害を未然に防ぐような対策を施したいものです。

一戸建ての住宅において空き巣被害にあう場合、やはり窓からの侵入が多いようです。
手口のなかで一番多いには窓ガラスを割って侵入するというものです。

ガラスをドライバーなどで割り、手を入れて施錠をはずして窓を開けるというものです。
侵入者の多くは5分ほどで窓を突き破ることができなければ諦めるといわれています。
そこで最近注目されているのが防犯ガラスです。

防犯ガラスは合わせガラスになっており、2枚のガラスの間に特殊な膜を挟み込んだ構造となっています。
ガラスはすぐ割れてしまいますが、特殊な膜を突き破るに時間がかかるため、泥棒が侵入を諦めることにつながるのです。

最近では複層ガラスに特殊な防犯フィルムを挟み込んだ商品もあります。
このようなサッシを採用すれば、遮音性、保温性、防犯性に優れた窓になります。

防犯のためにすべての窓を閉め切っておくことは不可能です。
通気を行うために浴室や洗面所などの窓は開けておくことが多いと思います。

このような場合に有効な防犯対策としては、やはり面格子でしょうか。
または、窓を開けることはできても人が通り抜けることができないサイズにすることも有効な方法であるようです。

防犯対策としてセコムなどの警備会社と契約する人も多いようです。
ちなみにセコムに通信警備を依頼する場合、一戸建てであれば1が月あたり5000円ほどかかります。

マイホームとユニバーサルデザインについて

マイホームでは健康な人はもちろん、小さな子供からお年寄りまで、場合によっては身体が不自由な人までが安全に心地よく暮らしたいものです。

そのためには「ユニバーサルデザイン」を取り入れたマイホームつくりが必要になります。
そもそもユニバーサルデザインとはどのようなものでしょうか。

ユニバーサルデザインという考え方は1980年代にアメリカのロナルド・メイス氏が提唱したものです。
この考えでは、健康な人はもちろんのこと、すべての人が利用しやすいように建物や製品を設計します。

バリアフリーや自動ドア、照明のスイッチなどはユニバーサルデザインの代表例です。

最近のマイホームでは、いたるところにユニバーサルデザインに基づいた設計がなされています。

ストッパーがついているため指は挟まれにくいドアや、炎が出ないため火傷の心配が少ないIH調理器、浴槽への出入りがスムーズに行える浴室などがあります。

少ない力で開閉できるサッシや電動シャッター、高さが選べるシステムキッチンもユニバーサルデザインであると思います。

分かり易い、ということも重要なポイントです。
照明のスイッチも、最近のものは大きく、照明を切ったときにはスイッチ部分が光るものもあります。

このようなタイプであれば、暗い部屋であっても「スイッチの場所」はすぐに分かります。
玄関ドアのキーシリンダーでも差込部分が光るタイプがあります。

夜遅く帰宅したとき、真っ暗な玄関先であっても容易に鍵をキーシリンダーに差し込むことができるのです。

tag:ユニバーサルデザイン

新築したマイホームのシックハウス症候群

新築したマイホームに引っ越したとたんに頭痛やめまい、吐き気などに襲われることがあります。
これらはシックハウス症候群と呼ばれ、新築されたマイホーム特有の現象です。

新築されたマイホームの内装材などの建材が原因で引き起こされるもので、そこに住んでいる人の健康状態を不調なものにするため、大きな社会問題になっています。

住宅建材には様々なものが使用されています。
中には多様な化学物質を利用したものもあります。
これの化学物質が原因で、マイホームの新築やリフォームを行ったときに引き起こされるのです。

症状は化学物質の種類によって異なりますが、一般的に頭痛やめまい、目がチカチカする、喉が痛い、吐き気がするなどの症状が現れます。

住宅の建材だけでなく、シロアリ駆除や新しい家具を購入した時にもシックハウス症候群の症状を起こすことがあります。
最近のマイホームは気密性が高まってきています。

そこに化学物質と換気不足が加わることによりシックハウス症候群が起きてしまうようです。
シックハウス症候群を引き起こす化学物質はホルムアルデヒドをはじめとする「揮発性有機化合物」が原因とされています。

ホルムアルデヒドは壁紙用の接着剤や合板の接着剤に使用されています。
そのような化学物質を使用していない接着剤を使用することが重要です。

家族の健康は、健康的なマイホームづくりから始まることを念頭に置き、シックハウス症候群とは無縁のマイホームにしたいものです。

マイホームの収納について

マイホームの間取りや収納スペースを考える時には、将来の家族構成や所有している物のサイズや量を考慮することが大切であると思います。

マイホームの設計をする時には、ほとんどの人が「収納」について頭を悩ませると思います。
現在住んでいるマイホームの収納に対して不満のある人が7割近くいるというアンケート結果もあります。
不満のある人のほとんどが、その理由を「収納量」と答えているようです。

現在所有している物と、将来所有するであろう物の量とサイズについて、よく把握し収納場所をプランニングしたいものです。

洗面所や台所、玄関や浴室などは小物が散乱しがちです。
これらの場所には小物がひと目で探せる棚などを設置したらどうでしょうか。
寝室などには洋服を収納できる大容量の収納スペースを確保しましょう。

奥行きをできるだけ確保し、ハンガーを縦列でかけられるようにすれば洋服の収納は2倍になるはずです。
洋服の下はデッドスペースになりがちですが、ハンガーの位置をできるだけ高く設置すれば、棚などを置くこともできます。

マイホームの中には使用されていない空間が沢山あります。
屋根裏や壁の中、床下などです。

屋根裏収納や床下収納は一般的な収納スペースとなっています。
2階建てのマイホームであれば、階段の下にも収納スペースを確保することが可能です。

収納には「隠す収納」と「見せる収納」があると言われています。
リビングなどには「見せる収納」スペースを設けてもいいかもしれません。

マイホームのカラーコーディネート

マイホームのインテリアを考える上で、色は大変重要なポイントになってきます。
色の違いによってマイホームから得られる印象はガラリと変わってくるからです。

マイホームの雰囲気を決定する色について、どのように決めていけばいいのでしょうか。

まず基本となる色を決めなくてはいけません。
基本となる色はまず「床をどのような色にするか」ということを考えましょう。

最近のマイホームでは床材としてフローリングが採用されることが多くなりました。
フローリングには様々なタイプの物が提供されていますが、まず床の色を決めてしまうのです。

床の色を決めた後、その色と相性のいい壁紙や天井の種類や色を決定しましょう。
この時点である程度の雰囲気はつかめるはずです。

そしてその雰囲気に合う家具の形や色、扉の種類などを決めていくのです。
床の色を基本に、ドアや窓、壁紙や天井の種類を選んでいけば違和感のないバランスのとれた色合いになるはずです。

最初から同時進行で考えては頭の中が混乱するはずです。
床の色を決めてから順番に考えていけばカラーコーディネートも効率よく行えるはずです。

メーカーのパンフレットには参考例が沢山掲載されています。
これらの参考例を見ると、色の選択や設置する家具によって雰囲気がガラリと変化することが理解できます。

パンフレットを見たり、住宅展示場を訪れたりなど、いろいろな例をよく参考にしながらマイホームのカラーをコーディネートしましょう。