住宅ローンの計画

マイホームを購入する時、避けては通れない悩みは資金面です。
マイホームは人生で一番大きな買い物です。
その多額な資金をどこから融資してもらうかも、マイホーム計画で重要になってきます。
住宅ローンはマイホームを購入した際に、金融機関と自分達で決めた方法で長い人で35年間返済し続けなければいけません。
言わば人生を左右するローンと言えます。

住宅ローンの金利返済には、3種類あります。
1つは、変動金利型です。変動金利型とは、住宅ローンの金利が変動し、6か月ごとに金利の見直しがされます。
金利低下の時はお得ですが、金利上昇の時には損をします。
2つ目は、全期間固定金利型です。全期間固定金利型とは、ローンの返済が終了するまで購入した際の金利が固定されるのです。
低金利の時にマイホームを購入し、全期間固定金利型を選択すると支払総額はかなり抑えられます。
そして、3つ目は当初固定金利型です。
当初固定金利型とは、変動金利型の「低金利」という点と、全期間固定金利型の「月々に支払う額が固定」という、2つのメリットを合わせ持った金利返済方法です。
ですから、この当初固定金利型を選択される人は断然多いです。

このように金利の返済方法一つにしても計画的に進めていかなければ、後々痛い目を見ることになります。
自分人生が懸かっていると言っても過言ではありません。
すぐに答えを出さず、焦らずじっくり時間をかけて自分達のライフプランを決めていけばいいのです。