マイホームと賃貸

今、現在賃貸に住んでいて、マイホームが夢だという人はたくさんいると思います。
マイホームを建てる計画をしている中で「毎月の家賃を支払うのがもったいないから。」という理由をあげる人が数多くいます。
確かに、賃貸の場合、いくら支払続けても自分の所有物にはなりません。言ってみれば家賃は住宅の利用料です。

賃貸では、隣人や下の階の人に気を使うことや、キッチンなど所定の場所にあるものは、好き勝手に移動できません。
自分色の家にはできないのです。
ですが、賃貸は所有物にならない代わりに、修繕費や家賃・維持費等が少ないのが特権です。

その反面、マイホームは住むのも貸すのも自由です。自分の土地、所有物になるからです。
内装や間取り等も自分色の家を造ることが可能です。
しかし、マイホームを購入したからと言ってメリットばかりではありません。

マイホームは自分の所有物となる代わりにすべてにおいて自分達で手配・修繕していかなければなりません。
例えば、水道管の不具合や外観の壊れ等、住んでいけばさまざまな問題点も出てきます。
そういった点での支出はすべて家庭の支出となってきます。
そして、引っ越すことも気軽にできないので、隣人や地域の人達との関係も重要となってきます。

その反面、賃貸は大家さんの所有物です。生活上での不具合など大家さんに伝えれば手配し、修繕してくれます。
何より賃貸は、初期費用や維持費も少なく済みます。引っ越しも状況に応じて可能になってきます。

このように比較してみるとどちらが自分の将来設計に合っているのか検討できるでしょう。
人それぞれ将来設計は異なります。どちらが優劣なのかはあなたが決めることです。